ライフネット生命 かぞくへの保険 特集!

かぞくへの保険 の保険料総額・ランキング

緑肯定

ライフネット生命 「かぞくへの保険」が、当サイトの定期保険ランキングで4位になりました

保障期間=保険料払込期間なので、ネット販売特化の効果が保険料に出てくると思ったのですが

意外な結果でした。ネット特化だけあって、健康診断書の提出保険金額によっては不要です。

赤丸 節約できそうな定期保険ランキング 第4位 赤丸

かぞくへの保険 の評判・口コミ

水色角確認 定期死亡保険(無配当・無解約返戻金型)。月保険料が2886円(掛け捨て)で死亡・高度障害保険金が2000万円の保険に入ってます。保険のことは詳しくないのですが、ネットの簡単な自己申告だけで保険に入れました。….続きを読む

yahoo知恵袋より

 

保険料相談で安くなるかも

二連赤矢印右保険コネクト二連赤矢印左

かぞくへの保険 の解説

チェックじゃぁ 家計の中心者に「万が一」があってはなりませんが、平均寿命80歳の現在でも実際は60歳まで生存できる人は約92%だそうです。つまり、約一割の人が何らかの理由で60歳前に死んでしまうということです。

 

そんな不確定な人生でも、最悪の場合に残された家族が困らないように死亡保障保険に加入していると思います。「かぞくへの保険」はその名の通り、家族にやさしく、保障はしっかり、といったシンプルな内容ながら大変お得な内容となっています。

 

インターネット販売専門の、比較的安い保険料で、保険金を500万円〜1億円まで、100万円単位で設定することができます。
保険期間は、10年、20年、30年、65歳まで、80歳までの五種類から選べます。
保険期間10年を選んだ場合、10年間は保険料が変わりませんが、次の10年も継続するとき、年齢に見合った保険料に値上がりします。これを一般的に「定期保険の更新」と言います。
だったら80歳まで継続する保険期間を選べばいいということになりますが、10年や20年の保険期間と比較して保険料が高くなる傾向があります。
そもそも、定期保険は「一定の期間だけ保障する」「年齢が若いほど安い」「保障期間が短いほど安い」という特徴があるので
子育て期間の終わりに合わせて、定期保険が終了するような使い方が一番経済的なのです。

 

FPは難関資格所有者で保険のプロ

二連赤矢印右保険コネクト二連赤矢印左